フローリング修理の価格相場はいくら?業者選びの注意点も解説

  1. フローリング
  2. 109 view

近年どこのご家庭でも取り入れられるようになった「フローリング」ですが、日常的に生活をしている上で何かを落としてしまったり、ぶつけたりしてしまうことで大きなダメージをおってしまうことはよくあります。

「フローリングに大きな傷がついてしまった」「汚れやダメージが激しいので修理をしたい」このような時、そもそもフローリングの修理代金はいくらくらいかかるのか、修理業者はどのように選べばいいのかわからずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、フローリング修理を行う際にどれくらい費用がかかるのか、またフローリング修理業者を探す際はどのようなポイントに気をつけて探すべきなのか、わかりやすく解説させていただきます。

フローリングの修理を検討している方、業者の選び方がわからずお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

 

フローリングの補修に必要な価格相場

フローリングの補修に必要な価格相場

フローリングの修理に必要な価格相場は、フローリングの素材や面積によって変動していくことが特徴です。

下記では、無垢材フローリングの場合と複合フローリングの2パターンに絞って解説させていただきます。

 

無垢材フローリングの場合

無垢材フローリングは単装フローリングとも呼ばれており、天然木を丸ごと一枚使用しているのが特徴のフローリング材です。

天然木ならではのあたたかみや、自然素材をそのまま感じたいという方に人気の材質ですが、他のフローリング材と比較すると値段は高価な傾向にあります。

無垢材フローリングで補修工事を行う際の費用相場ですが、一畳あたり2.5万円〜4.5万円ほどとされています。

ただしこれはあくまでも相場ですので、フローリングの補修を行う際の工法や張り替えを行う面積、依頼をする業者によっても費用はさらに変動するでしょう。

 

複合フローリングの場合

複合フローリングとは、天然木に加え天然シートなどを貼り付けて作られた複合フローリング材です。

100パーセント天然木の無垢材フローリングとは異なり、湿度の影響を受けてフローリングが変形したり収縮したりする心配はありません。

また色やデザインの種類も多く、機能性もさまざまなものがあるため、需要やニーズに臨機応変に応えることが出来ます。

複合フローリング材を使用して補修を行った場合の費用相場は、一畳あたり1.5万円〜3.5万円ほどとされています。

 

【パターン別】フローリングの補修価格相場

上記では各フローリングの一畳あたりの費用相場についてご紹介しましたが、フローリングにはがれ・へこみ・えぐれなど、どのようなダメージが発生しているのかによっても対応する補修工事が異なります。

下記では、具体的ないくつかのパターン別に補修にかかる費用相場をご紹介します。

 

フローリングの化粧板はがれ補修

フローリングは、経年劣化や自然劣化によって表面の化粧板が剥がれてしまうことがあります。

化粧板が剥がれてしまうと、中の木目などがあらわになってしまうことになるので、その部分に水分をこぼしてしまうことがあれば侵食が進み腐敗してしまうこともあるのですぐに修理を行いましょう。

化粧板が剥がれてしまった場合は部分補修を行いますが、その際にかかる費用は2万円〜5万円ほどです。

ただしすでに中身が腐食してしまっている場合は、補修を行う範囲も増えるため、6畳あたりの室内の場合10万円〜15万円の費用がかかることもあるでしょう。

 

フローリングのえぐれ補修

フローリングがえぐれてしまっている場合は、被害のおおきさにもよりますが基本的にはパテでえぐれた部分を埋めていき、最後に木目を書き足す作業が行われることが多いです。

ホームセンターなどにいくと素人でも処置できるキットが販売されていますが、仕上がりのクオリティを重視する方は業者に頼む方が確実でしょう。

えぐれ補修を依頼した際の費用相場は3万円〜5万円ほどになります。

そこまで大きな傷でなければ、1日で複数箇所依頼することもできますし、張り替えを行うわけではないので費用も比較的安く抑えることができるでしょう。

 

フローリングの目地膨れ補修

フローリングに水分が付着したまま放置していると、目地から徐々に膨らみが起きてしまうことがあります。

見た目にもすぐにわかる変化ですが、目地が膨れてしまうと自然に戻ることはないため補修を行う必要があります。

フローリングの目地膨れ補修を行う際は、フローリングのリペアによる補修、もしくは張り替え工事を行うこととなるでしょう。

費用相場はリペアを行う場合で15,000円〜30,000円、張り替えの場合は30,000円〜50,000円ほどとされています。

水分の付着で発生する可能性のある目地の膨れですが、水をこぼした記憶がない場合は施工不良で発生している可能性もあります。

その場合は施工を行った側の補償が使える可能性もありますので、新築住宅などの場合は注意が必要です。

 

フローリングのはがれ補修

フローリングの寿命は10年〜20年ほどと言われているため、それ以上の日数が経過すると剥がれなどのダメージが発生することがあります。

また室内で使用している家具や椅子のキャスターなど、日常的に同じ箇所に何度も摩擦を加えることによってフローリングの剥がれを引き起こすことも十分に考えられるでしょう。

フローリングの剥がれを放置しておくと、腐食や変色の原因となってしまうため気づいたらすぐに補修工事を行いましょう。

フローリングの剥がれ補修を行う際にかかる費用相場は、20,000円〜50,000円ほどです。

自力でDIYによる補修を行うことも可能ですが、失敗してしまう可能性や家具の移動などで危険性が少しでもある場合は、専門業者に依頼を行う方がより確実であると言えるでしょう。

もしもフローリングを長年使用していて、剥がれた部分以外の劣化も進行している場合は全面張り替えをおすすめします。

 

フローリングのへこみ補修

フローリングにものを落としてしまったことが原因でへこみが発生してしまった場合、専門業者による補修工事で綺麗に修復することが出来ます。

へこみ補修は基本的に粘土状のパテのようなものでへこみを埋めていき、表面を平らにならした後、クレヨンや補修材などで同じ模様・色合いに調整していきます。

フローリングのへこみ補修を行う場合は、まずは業者ごとにどのような料金形態をとっているのかを確認してみましょう。

基本的には複数のへこみを同時に直してくれる場合がほとんどで、費用相場は20,000円〜35,000円ほどですが、一箇所ごとに補修を請け負っている業者の場合は15,000円ほどから対応してくれる場合もあるでしょう。

「ここのへこみを直したい」と一箇所のみの補修を望んでいる場合は、一箇所単位で料金設定をしている業者を探すことで施工費用をより安く抑えることができるのでおすすめです。

 

フローリングを補修するときの業者選びの注意点

フローリングを補修するときの業者選びの注意点

フローリングの補修工事を行う際の業者選びの際は、いくつかのポイントに絞って探すことが大切です。

下記では、フローリングの補修工事を依頼する業者を選ぶ際、注目すべきポイントをご紹介いたします。

 

対応が丁寧で柔軟性がある

まず一番に注目すべきポイントは、お客様に対する対応がどれだけ丁寧で安心できるかという点です。

業者に依頼を行う際は事前に見積もり依頼や予約の電話をする必要がありますが、その際にこちらが受け取った業者の印象が安心感を持てるという点が重要です。

また、こちら側の依頼内容や仕上がりのイメージ、要望などに対して柔軟な対応力を持っている業者の方が、スムーズかつ仕上がりイメージが違うなどのトラブルを避けることができる可能性も高まります。

こちら側も業者側がわかりやすいようにフローリングの症状やどのような修復を求めているのかを的確に伝える必要はありますが、これまでに多くの顧客に対応してきている業者であれば安心して施工を依頼することができるでしょう。

 

レスポンスが早くニーズを聞き入れてくれる

こちらの問いかけにすぐに返事をくれる業者は、顧客ファーストで急ぎの依頼にも迅速に対応してくてる業者である可能性が高いです。

逆に一日以上経過しても音沙汰がない場合や、そもそも問い合わせに対しての返答が遅い業者は避けておく方が無難と言えるでしょう。

またこちらのニーズをしっかりと反映して見積書を作成してくれているかも判断材料の一つです。

頼んでいないサービスやオプションが勝手に見積もり内容に盛り込まれている場合もありますので、見積もり依頼を行った後は必ず内容をしっかりと確認しておくことが大切です。

また、費用相場よりも明らかに高額な見積もりを提示された場合は不当に料金を傘増ししていることも考えられるため、作業内容や使用している材料などを聞いた上でも納得がいかない場合は依頼を避けておきましょう。

 

実績が豊富で口コミが良い

フローリングの補修を行っている業者は、過去の施工実績などを自社のホームページなどに掲載していることが多くあります。

もしも依頼を検討している企業がある場合は、まずホームページを確認し、過去の施工実績や仕上がりなどをチェックしておきましょう。

そうすることでご自身のフローリングのダメージがどれくらい綺麗に補修されるのか、自分の想定内の仕上がりになるのかどうかを見極めることが出来ます。

また、口コミサイトなどを確認すると、実際に過去にその業者に依頼を行った経験がある方の口コミなどを確認することが出来ます。

中には信憑性のない口コミもある可能性があるため、全てを信用する必要はないですが、参考程度に口コミ評価がなるべく高い業者を選ぶようにすると安心してサービスを受けることが出来ますし、失敗の可能性を低くすることができるのでおすすめです。

 

定額リペアならフローリングはここまできれいに補修できる

フローリングの修理価格は決して安い金額でありません。フローリング全てを、張り替えないとならないようなダメージ以外であれば、リペア業者に依頼する方法がおすすめです。

しかし、劣化しやすいフローリングの場合、いちいち高い金額で業者に依頼していたらきりがありません。

そこで、リペアの中でも、定額リペアであれば、フローリングのダメージ以外にも、壁のクロス損傷やドアの傷なども気になるところをまとめて補修できます。

定額リペアであれば、フローリングのダメージ以外にも、壁のクロス損傷やドアの傷なども気になるところをまとめて補修できます。

料金は、定額制で時間によって決まっているため、安心して複数個所の補修を任せられます。よりきれいなフローリングを保ちたい際にはぜひご活用ください。

料金は、定額制で時間によって決まっているため、安心して複数個所の補修を任せられます。

無料見積もりフォーム

損傷箇所のリペアを検討されている方はお気軽にお見積りください。お見積りは無料でさせて頂きます。

①お客様の情報をご入力ください
区分 個人  業者
会社名 or 個人名
担当者名

※個人の方はお名前

メールアドレス
電話番号

※お申込後、12時間以内にこちらよりお電話を致します。

FAX番号

※お持ちの方のみ

作業場所住所
物件の種類 所有物件  賃貸物件  工事現場 
賃貸物件の場合、管理会社
に連絡はしていますか?
はい  いいえ
傷の状況
相見積もりを
していますか?
はい  いいえ
定額リペアにほぼ依頼を
決めていますか?
はい  いいえ
その他ご質問
駐車場有無 有り  無し
作業希望日 3日以内  1週間以内  いつでも(土日希望)  いつでも(平日希望)

※状況によってご希望日での作業ができないことがございますのでご了承ください。

②損害箇所の写真を添付してください

写真の例

写真の撮影をお願いします。 傷1の写真が必須ですが、他に損傷がある場合は傷2・傷3にも写真を添付ください。

1近景

2中景

3遠景

傷:近景

撮影のポイント

傷から20cmくらいの距離(大きさがわかるように近くにコインかメジャーを置いてください)

傷1:近景

傷2:近景

傷3:近景

傷:中景

撮影のポイント

傷から1〜2mくらいの距離

傷1:中景

傷2:中景

傷3:中景

傷:遠景

撮影のポイント

傷から3〜4mくらいの距離

傷1:遠景

傷2:遠景

傷3:遠景

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。